西宮市上大市 築28年屋上から雨漏りの原因とは?

query_builder 2021/04/17
ブログ
3524551_m



西宮市上ヶ原の皆さんこんにちは。

塗り替え専門店えんの越智でございます。


今回のテーマは、数年間雨漏りに悩まされていた原因をご紹介します。


室内の様子です。窓下の壁紙が黒くなっています。このシミ、実は雨漏りによるカビなのです。普段はリビングルームでテーブルや棚等で隠れており、大掃除の際に発覚となったそうです。





壁の木材を撤去すると、カビだらけで木材は腐食しています。

このような状態を放置すると体にも悪影響を及ぼす原因となります。


室内カビの影響はどのような症状が考えられるでしょうか?アレルギー、ぜんそく、頭痛などがあります。



では、なぜこの様な雨漏りは発生したのでしょうか?



図のように外壁がひび割れが原因となっていました。

この場所は普段エアコンカバーが設置されており見えない箇所となります。


この自宅は、3回目の塗り替えを実施済み。ではなぜ雨漏りが発生したのでしょうか?塗り替えをする際にエアコンのカバーを一度も外さず塗り替えがおこなわれていたことが一番の要因でしょう。


エアコンカバーは、ねじ止めするため壁にねじ穴があきます。

なじ穴も、通常は、コーキングで防水処置をしなければなりませんが取り付け業者によりその作業は異なります。



このようにパネル継ぎ目のコーキング防水処理もされていません。

ALCパネルは、この接合部分「目地」が一番の弱点です。この弱点部分に処置されていないのですから、雨が降ると雨漏りの原因となります。


コーキングの施工方法は増し打ち、打替えと2種類施工手順があります。また、コーキングの種類、用途も様々です。


鉄部取り合いや窓廻りのガラス押えなどは、変性シリコン。

サイディングボード継ぎ目は、低モジュラス型オートンイクシードウレタン

ALCパネルの窓廻り、継ぎ目はウレタンノンブリードタイプとなります。このように素材に合った材料を使うことで伸縮、ひび割れに追潤し防水効果を高めます。




今回は、ウレタンノンブリードタイプを使用し、たっぷりと塗り広げ

ひび割れに強い下地造りをおこないました。


いかがでしたか?今回のように見えない場所に、危険は潜んでいます。また、塗り替えをする際に、塗料や価格に惑わされ本質の下地造りが隠れておりどの場所をどのように処置するかが大切です。


外壁の壁材は、木造、鉄骨造などで使用材料は様々です。用途に合わせて的確な診断、工法をしっかりと見極めることが重要です。



西宮市上ヶ原・甲東園・上大市・夙川・高座町・愛宕山・仁川

塗り替え専門店・えん


サービスメニュー


外壁診断・修理


雨漏り診断・調査


屋根診断・修理


コーキング診断・修理


防水診断・修理



診断・ご相談はすべて無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせください。






NEW

  • トイレのリフォームは何日かかる?

    query_builder 2021/10/02
  • わくわく通信2月号

    query_builder 2021/06/25
  • セラミック塗料のメリット・デメリット?

    query_builder 2021/06/13
  • 西宮の助成金申請はお早めに!

    query_builder 2021/04/26
  • 西宮市上大市 築28年屋上から雨漏りの原因とは?

    query_builder 2021/04/17

CATEGORY

ARCHIVE