コンクリート打ち放しは、しっかりとした下地調整が重要です。

汚れに強い、カビを寄せ付けないコンクリート特殊コーティング塗装。

コンクリートは、酸性雨、紫外線により表面の保護材が劣化しセメントが剝がれてきます。

CIMG1209
保護材が劣化しコケなどが付着しやすくなりコンクリートの美観を失っています

デザインコンクリート打ち放しの壁は、一般の塗装では質感、風合いは再現できません。また、コーティング方法も種類が多く塗料によっては仕上がり、質感は全く違いますのでコーティング塗料選びなどはサンプル取り寄せるかまたは施工実績を見せてもらとイメージしやすいです。

また、打ち放しデザインコンクリートの風合いをいかすには、しっかりとした下地調整も重要になります。

KIMG7104
コンクリート打ち放し再生、特殊コーティング塗装により美しくよみがえりました。

コンクリート打ち放し壁を、描き汚れに強い光触媒コーティングで仕上げました。光触媒コーティングの特徴は、紫外線で汚れの原因となる物質を分解し雨で汚れを洗い流す素晴らしい機能が特徴です。雨すじ汚染、排ガス汚染、コケや藻など外壁の汚れでお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

CIMG1825
IMG_1346
CIMG1826
CIMG1825
KIMG7106
KIMG7107
CIMG1825
IMG_1346
CIMG1826
CIMG1825
KIMG7106
KIMG7107